投稿日: タグ ,
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

Windows Server 2019 Hyper-V 仮想マシンの連動シャットダウンが動作しない

Windows Server 2019 がリリースされたのは、2018年9月2日。

もう1年ほど経過しているが、ある「問題」の対応がされていないまま。。。

 

問題」とは、

Windows Server 2019のHyper-Vにて、仮想ゲストホストと連動してシャットダウンする設定が有効になっているのにも関わらず、実際にはシャットダウンされず、停止となってしまう状態のこと。

「仮想マシンの設定」>「自動停止アクション」の設定項目

無停電電源装置(UPS)との連動シャットダウン設定をしても、仮想ゲストが落ちないんじゃ意味がない。(例えば、PowerChute Business Editionなど)

下記のサイトでは、2018年12月頃に問題を確認して、以降、定期的に対応パッチのリリースを確認しているが、現時点でもまだ解決していない

Japanフォーラムでも同様に提起されていた。

Windows Server 2016は延長サポートが2027年までなので、2022年リリースのシステムならまだ使えそうだが。。。

 

表示されている機能が動かないなんて、、、なんというバグ。

早急に対応パッチがでることを祈ります