松ぼっくりから、松を育てる(発芽編)

「松ぼっくり」
幼少からよく見るオブジェの一つですが、
種を見ることはありませんでしたし、種を取るなんてことも経験したことありませんでした。

機会あって、そんな松の種を入手したので植えてみます。

ふりかけのように詰められた「松の種」。。。
種は、羽のようなものが一枚付いていて、風で飛んでいくみたいですね。
「シマトネリコ」の種も細めの羽が付きますが、松ぼっくりのようなオブジェではなく、
ワッサワッサと多数の種が集合した感じて、見た目あまりよくありません。

園芸用の少し大きめのポットに鉢底石を入れ、種まき用の用土を敷き込みます。
だいたい近くのホームセンターで土は買いますが、ネットでも買えるんですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花ごころ さし芽・種まきの土 5L
価格:531円(税込、送料別) (2019/5/13時点)

だいたい、3,4個の種を離して植え、土をかぶせました。
すると、そのうち1つが、、、

発芽しました!
3月下旬ごろに種を植え、1か月程度でしょうか。
最初は、草と思えない太い茎?が盛り上がってきて、葉の部分が地中から引っ張ってこられた感じです。

さらに2週間ほど経過。順調に大きくなってくると期待しているのですが、
葉の先が、茶色になって枯れているようにも見えます。

他の種は発芽していないようで、
何か問題があるのかもしれません。

とにかくこの後の成長が楽しみです。